美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


発足と経緯

協議会の発足は平成11年5月20日です。
チェックオフ活動は、生産者が自から資金を出し合い活動するもので、米国、ヨーロッパでは既に歴史のある活動として大きな成果を上げています。
日本で本格的に活動の必要性が叫ばれてきたのはここ15~16年であろうか。(株)埼玉種畜牧場の生みの親である笹崎龍雄氏が昭和40年代頃、全国を巡る講演の中で、肉豚1頭10円供出による生産者の活動の必要性を強く語られた事が思い出される。まさにチェックオフの事であった。
今思うと、その当時これがスタートしていれば、今の養豚生産者及びそれを守る組織も大きく変わっていた事だろう。
千葉県におけるナイスポークチバ推進協議会の立ち上げには約6年の歳月を要した。立ち上げに向けた検討の際、活動目的とした消費拡大及び政策要請活動を大きな柱として計画したものの、参加しても・参加しなくとも共通のメリットが与えられる事から、損得に対する生産者の基本的なスタンスの違いが大きな障害となった。
本格的な組織作りは、若手後継者が組織立ち上げ委員として地域から推薦され、これらの委員の前向きな取り組みが功を奏して発足にこぎつけることが出来た。
スタート時の三役3名の姓名が全て平野で決まり、これまた幸先よいスタートを切る要因ともなった。

ナイスポークチバ推進協議会の名前の由来?

組織のネーミングについては、生産者及市町村生産者組織事務局担当者から名前を募集した。30の応募の中から当時千葉市農政センタ―で地域畜産行政担当者であった神保尚史氏が応募した名前が委員によって決定された。
養豚生産者は消費者に美味しい豚肉を食べて頂くために常に努力しています。新鮮・安心・おいしい三拍子揃った豚肉=ナイスポークとのコメントを神保氏から頂きました。時代にマッチしたネーミングと好評です。

最近の活動

協議会の活動は、県産豚肉の消費拡大運動、養豚生産者の経営安定強化を図るための要請活動に加え後継者育成を大きな活動の柱として活動しています。
12月に一年間の活動を報告する「活動報告会」を例年開催しています。
サポーター会員である消費者をご招待する関係もあり、平成21年度から特別講演会を併設しました。
昨年平成25年12月9日の開催では、臨床心理士・曹洞宗八屋山普門寺副住職 吉村 昇洋氏を招き「日常のとらわれを、手放す禅仏教・気にしなければ、ラクになる」と題し講演を頂き、これまた好評を頂きました。
平成22年4月に(一社)日本養豚協会(JP P A )が発足し、名実ともに、「養豚生産者の養豚生産者による養豚生産者のための組織」としてスタートし、さらに組織を大きく育てるために私達協議会も連携を密にし活動しております。

さて、昨年12月から九州で発生拡大している豚流行性下痢(P ED)は4月30日現在全国33道県に拡大し、千葉県では4月29日現在45ヵ所での発生が確認されました。農場では、入れない・出さないための消毒の徹底を図りながら、協議会としてもワクチン不足、消費者の誤解による風評被害等当面の課題と捉え対応を図っています。
生産者にとって、消毒、ワクチン代の経費増、発生農場では死亡を免れた豚も発育が遅れて手間がかかることと、生産頭数の減少から、秋以降の減収・資金繰りも心配されます。
現場では、感染防除に全力を挙げているが、今のところ終息の目途が立っていない。
ワクチン活用により一日も早い沈静化を望んでやまない。
また、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉を巡る日米協議が山場をむかえている。
特に日本で海外産の安い豚肉が市場を席巻するのを防ぐため、安い豚肉ほど高い関税がかかる仕組み(差額関税制度)の条件見直しを米国は強く要求している。
当初重要5品目として豚肉の関税は現状制度堅持と強く要請を展開してきが、先に日豪EPAによる豚肉の大筋合意がされたことと合わせ、重要5項目の中の豚肉が無傷で交渉を終えることはありえず、どの地点での妥協点が見いだされるか、大変心配なところである。

このように国内外問題山積の厳しい状況が続いております。ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

ナイスポークチバ推進協議会事務局



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255