美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


平成28年度政府予算案決定・豚マルキンは実績維持

~TPP踏まえた「牛並み」対応は協定発効を踏まえて29年度の措置~

政府は12月24日、平成28年度政府予算案を決定した。一般会計総額は96兆7218億円となり、4年連続で過去最高を更新した。このうち農林水産予算は総額2兆3019億円で、前年度予算より1億円アップした。TPP大筋合意に至らない段階の8月末から要求されたものであり、本予算でのTPP対応は29年度以降となる。


養豚経営安定対策事業(豚マルキン)も、8月の予算要求どうり、27年度実績と同額の99億6600万円が計上されている


TPP国内対策で明記されている豚マルキン事業の「法制化」は現行の「畜産物の価格安定等に関する法律(畜安法)」の改定により実施するとされている。28年度はともかく、拠出割合、補填率は27年度同様となる


 

28年度農林水産当初予算の概要

 

●    畜産・酪農経営安定対策・・・・・1701億3600万円

≪対策のポイント≫

(1)   酪農経営安定のための支援

○加工原料乳生産補給金・・・305億6400万円他

(2)   肉用牛繁殖経営のための支援

○肉用子牛生産者補給金・・・202億8000万円

○肉用牛繁殖経営支援事業・・・168億円9400万円

(3)   肉用牛肥育経営安定のための支援

○肉用牛肥育経営安定対策事業(牛マルキン)…869億4200万円

(4)   養豚経営安定のための支援

養豚経営安定対策事業(豚マルキン)・・・99億6600万円

(5)   採卵養鶏経営安定のための支援

○鶏卵生産者経営安定対策事業・・・51億8900万円

 

●    米活用畜産物等ブランド化推進事業・・・3500万円

(1)  米活用畜産物等ブランド化展開事業

飼料用米を活用した豚肉、鶏卵等の畜産物など、米を利用した新たな

食品のブランド化による需要の拡大を図るため、検討会の開催、生産

物流通実態の調査、販路開拓、販売促進に要する経費を支援する

 

 

(2) 米活用畜産物等全国展開事業

飼料用米を活用した豚肉、鶏卵等の畜産物など、米を利用した新たな

食品の全国的な認知度向上を図るうえで必要となる検討会の開催、ブ

ランド化のためのPRロゴマークの制定、市場調査、特色ある地域で

の取組事例等の情報収集・発信、フェアの開催に要する経費を支援。

    家畜衛生等総合対策・・・・・55億4600万円

畜産振興および畜産物の安定供給を図るため、口蹄疫や高病原性鳥インフル

エンザ等の家畜の伝染性疾病等の発生予防・まん延防止対策を徹底し、それ

を支える産業動物獣医師の育成・確保を図る。

(1)   家畜の伝染病疾病の発生予防・まん延防止・・・・・48億7300万円

(2)   家畜の伝染性疾病の海外からの侵入防止・・・・・4億5700万円

(3)   産業動物獣医師の育成・確保・・・・・1億5400万円

(4)   水産防疫体制の充実・強化・・・・・6300万円

 

 




ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255