美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


盛会に開催の活動報告会2016 自民党県議会議員会畜産議連・農林水産部御礼挨拶

12月7日開催されて「活動報告2016」に参加を頂いた、自民党県議会議員会畜産議連の三役、農林水産部長、畜産課長へ御礼の挨拶のため平成28年12月20日(火)議会棟6階自民党会議室、及び県庁農林水産部長室、畜産課をそれぞれ訪問した。

 

20161220001.jpg

 

伊東農林水産部長へ御礼の挨拶

 

20161220003.jpg

 

報告会について和やかに歓談

 

20161220005.jpg

 

農林水産部長を囲んで記念撮影

県議会最終日の忙しい折ではあったが、時間の調整をお願いし、県議会棟の自民党応接室を訪問した。石毛会長以下三役全員が顔を揃え対応いただいた。

塩澤会長から、今回、県議会議長の祝い行事の関係から報告会を例年より1時間早めて開催し、忙しい日程の中、多くの議員のご参加をいただいた御礼を述べた。

また、事務局から平成28年12月16日・≪自由民主党、農林・食料戦略調査会、農林部会、畜産・酪農対策小委員会≫から出された「平成29年度畜産物価格等の決定に当たっての決議」を

提示した。特に8項目の中で関連する7・8について、中央生産者組織の取り組みを報告した。

 

20161220007.jpg20161220008.jpg

 

 

 

 7.畜産農家の経営安定に万全を期するため、牛マルキン、豚マルキンの補填率の引き上げ、豚マルキンの国庫負担水準引き上げ及び肉用子牛の保証基準価格の算、定方式の見直しについて、畜産農家の経営状況等を踏まえ必要があると認めるときは、速やかに検討を加えてその結果に基づき所要の措置を講じる。併せて、加糖調製品についても同様とする。


8.日EU経済連携協定交渉については、国益が損なわれることのないよう、特に豚肉乳製品、SPF製材、構造用集成材、のり、こんぶ等をはじめとする農林水産物の重要品目の再生産が引き続き可能となるよう、必要な国境措置をしっかり確保すること

 

 

 

TPP交渉の成り行きが不透明な状況に加え、細かな情報が入ってこなかったEUとのEPA交渉と予断を許さない状況を説明した。議員から、議会として動く必要性を問われたが、来年1月20日米国トランプ新大統領の所信表明の中でのTPPに対する判断を踏まえた後の対応とした。

平成29年度畜産物価格決定される・・・有名無実の数値

12月15~16日平成29年度畜産物価格が決定されました。

養豚に関しては、豚肉の安定上位価格が昨年の600円から595円、安定基準価格が445円から440円にそれぞれ5円さがりました。これは畜安法で定める豚肉価格です。

昔はその中心価格が差額関税制度のへそ価格になっていましたが、UR以降固定の524円がへの価格になっているため、使う事はありません。また440円を切ると政府の買い上げ発動となルールですが国が買い上げることまなく、有名無実の数値です。

今回日欧EPA閣僚会議が開催され、EPAが大枠合意されると言う危機感から、連日JPPA志澤会長の要請活動、養豚議員連盟の先生方への要請書が功を奏し、大変ありがたい決議がなされました。

TPPが漂流するとの判断濃厚な状況の中で、折角TPP関連法案が成立したのに、TPPが発効しない限り、3対1、90%補填は絵に描いた餅で、いつまでたっても実現されません。

今回のEPAを契機に実行を強く求める要請が12月19日行われました。

 

20161220010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255