美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


豚マルキンの補填率引き上げ要請

(一社)日本養豚協会(JPPA)志澤 勝会長は、12月16日に決議された「平成29年度畜産物価格等の決定に当たっての決議」を踏まえ、12月19日(月)志澤 勝会長以下役員により「豚マルキンの補填率引き上げ」の要請を行った。


≪要請先≫

元農林水産大臣               衆議院議員 森山   裕  先生

自民党農林部会長              衆議院議員 小泉 進次郎 先生

農林・食料戦略調査会筆頭副会長    衆議院議員  江藤   拓 先生

農林・食料戦略調査会幹事長       衆議院議員  吉川  貴盛 先生

農林・食料戦略調査会会長        衆議院議員  西川  公也 先生

自民党養豚農業振興議員連盟会長   衆議院議員  宮腰  光寛 先生

農林・食料戦略調査会顧問        参議院議員  林   芳正 先生

農林水産貿易対策委員長         参議院議員  野村  哲郎 先生

 


 

豚マルキンの補填率引き上げのお願い

謹  啓

師走の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は、日本養豚に温かいご指導並びに、ご支援を頂戴し誠に有難うございます。

さて、12月16日、私共養豚生産者がかねたから要望しておりました豚マルキン

の補填率並びに国庫負担水準の引上げについては、TPP協定の発効如何にかかわら

ず情勢等を踏まえて所要の措置を講じるとの農林合同部会の決議を拝聴いたしました。

これは誠に有難く、貴殿を始め自民党農林関係議員の先生方の温かいご配慮で、

お決めいただけたと心から感謝し御礼申し上げます

現在、日欧EPAの交渉がかなり進んでいるように報道されています事から、私共

養豚生産者にとりまして、もし報道されているような条件で日欧EPAが締結されま

すと、安価な欧州産豚肉が大量に入ってきて、国内豚肉価格を下落させることになる

と大変不安に感じております。

つきましては、これらの不安を払拭するため、ご決議にあるような速やかなるご検

討を賜り、一日も早く、豚マルキンの補填率と国庫負担水準の引上げを実現していた

だけますようお願い申し上げます

謹  白

平成28年12月

一般社団法人日本養豚協会(JPPA)

会長  志澤  勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255