美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


中国でのアフリカ豚コレラ発生3例目・・・国内養豚農場での防疫強化を

 

注  意  喚  起

 

中国でのアフリカ豚コレラ( ASF )の拡散が非常に懸念され、

国内への侵入リスクが高まっていす。

 

 

 

農水省は8月20日中国・江蘇省で3例目となるアフリカ豚コレラが発生したと発表。江蘇省の農場で15日原因不明の死亡豚が見つかった。19日までに615頭が症状を示し、88頭が死亡した。

8月 3日の 中国遼寧省瀋陽市でASF の第 1例目発生報告に続く 8月 16 日第 2例目発生報告は、第 1例目から北東に約 800 ㎞離れた黒竜江省の市場 で集められた肉豚がその南西に約 2000 ㎞離れた河南省の大規模屠場に運ば れ、そこで見つかったものでした。 3か所の発生場距離が非常に離れて いることや多くの豚が集散す市場やと屠での発生あること、そして第1例目農場に 7月上旬に子豚を供給した同市の養場も ASF 陽性が確認され たこと( SHIC: アメリカ豚疾病情報センターからの情報による)などを考え ると、既に ASF ウイルスは 中国内で広く拡散されていると推測します。今 後、複数の省に発生が拡大する可能性は高く制御は困難を極めことが予想されますが、それらの詳細がどこまで報告されるかは不明です。

こうした状況のなか、中国いたるところに ASFウイルスは存在すると考え国内養豚 農場では防疫レベルを最高に引き上げ、防疫強化を直ちに実施し ASFの侵入を阻止しなければなりません。

 

 

ASFは 非常に厄介な病気で、国内への侵入は全力を挙げて阻止。

ASF はウイルスの病原性 により甚急、亜慢など様々症状を示しますが、急性型では豚コレラと酷似40 ℃以上の発熱、食欲不振などを 呈し粘血性下痢や嘔吐を示すこともあり、ついで後躯麻痺などの神経症状、耳や鼻端、四肢、下腹部にチアノーゼが認められ、発病後 7日以内に死亡 し、致死率は 100 %に近い。解剖所見としては腎臓の出血 や脾臓、リンパ節の顕著な腫大が特徴的です。感染後に中和抗体はできず、ワクチンも存在しません。ウイルスは血液中では常温で 18 か月、冷蔵で 6年以上活性を保ちます。さらに、アメ リカ の最近研究では大豆粕や完全配合飼料などやウイルス液 そのもので も常温30 日間活性を保ったことが報告されています。

また、ウイルスは 56 ℃・ 1時間では不活化されず、 70 ℃・ 30 分以上の加熱で不活化されます。こように、 ASF ウイルス は環境中や血液・肉の中では非常に長期間活性を保つことが報告されており、 ASF 発生防止にはウイルス汚染された肉製品 などを豚に与えないこと、そして汚染の可能性があるものの消毒を徹底することが非常に重要です。

また、空気伝播は起りませんが、イノシシ、ダニが感染し農場間の伝播に関与する可能性があります。消毒液はほとんどのものが有効ですが、そのリスクに応じて使い分け、リスクの高い場合は塩素系製剤やアルデヒド剤を使用しましょう。

JPPA通信233号 2018.8.20より抜粋


中国でのアフリカ豚コレラ( 中国でのアフリカ豚コレラ( 中国でのアフリカ豚コレラ( ASFASF )の拡散が非常に懸念され、 )の拡散が非常に懸念され、 )の拡散が非常に懸念され、
国内への侵入リスクが高まっていす 国内への侵入リスクが高まっていす 国内への侵入リスクが高まっていす
8月 3日の 中国遼寧省瀋陽市でASF の第 1例目発生報告に続く 8月 16 日第 2例目発生報告は、第 1例目から北東に約 800 ㎞離れた黒竜江省の市場 で集められた肉豚がその南西に約 2000 ㎞離れた河南省の大規模屠場に運ば れ、そこで見つかったものし。 3か所の発生場距離が非常にれて いることや多くの豚が集散す市場屠で発生あ、そして第1例目農場に 7月上旬に子豚を供給した同市の養場も ASF 陽性が確認され たこと( SHIC: アメリカ豚疾病情報センターからのによる)などを考え ると、既に ASF ウイルスは 中国内で広く拡散されていると推測します。今 後、複数の省に発生が拡大する可能性は高く制御困難を極めこと予想されますが、そらの詳細どこで報告るかは不明。うした状況のなか、中国いたるところに ASF ウイルスは存在すると考え、国内養豚 農場では防疫レベルを最高に引き上げ、強化すぐ実施し ASF


ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255