美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


豚コレラ及びアフリカ豚コレラ対策に関する要請

昨年9月に岐阜県の養豚場において26年ぶりに豚コレラの発生が確認されて以降、愛知、三重、福井県へと感染が拡大し、今月に入ってからは、長野、埼玉県でも発生が確認されるなど、関東地域での感染拡大リスクが高まってきた。国の対策において、丸一年経て封じ込めができず、逆に感染が拡大し、ついに養豚一大産地である関東での感染が≫確認されたことから

国は20日、ワクチン接種に消極的だった農林水産省がワクチン接種に踏み切った。

今回の台風被害の大きさもさることながら、豚コレラの感染拡大、アフリカ豚コレラの侵入と

本県の養豚生産者は不安の日々を送っていることから、(公社)千葉県畜産協会、ナイスポークチバ推進協議会連名で森田千葉県知事に対し要請書を提出した。

この要請に歩調を合わせ千葉県農業協会(会長 長島 透)も要請書を養豚部会内山利之部会

長が持参し提出した。

 

20190925002.jpg

ナイスポーク 岩岡 喜久男会長

20190925004.jpg

県農業協会 内山 利之 養豚部会長

要請内容について半田農水部長から、今回の要請内容を受け止め明日富塚次長、井出畜産課長が国(農水省・千葉県選出国会議員)へ出向き要請する旨説明された。

今回、県議会議員会畜産振興議員連盟實川会長も急遽ご出席をお願いした。

20190925008.jpg

内容について要請する生産者代表

20190925005.jpg

要請を受け止め話す半田農林水産部長

20190925011.jpg

千葉県生産者の声として早期ワクチン接種を・・

20190925009.jpg

自由民主党県議会議員会畜産振興議員連盟實川 隆 会長

 20190925014.jpg

半田徹也農林水産部長

台風による大きな被害を受けた千葉県。

農林水産部のトップとして多忙の中時間を割いて対応を頂きました。

 

 

豚コレラ及びアフリカ豚コレラ対策に関する要請書

 

豚コレラについては、昨年9月に岐阜県において国内で26年ぶりに発生があり、その後周辺地域に感染が拡大し、1年を経過した現在、最も恐れていた関東地方での発生が確認されました。

この間、県内養豚農家では、全国団体と連携しながら期間・地域限定での予防的ワクチンの接種など新たな対策を強く求めてきたにもかかわらず、感染の拡大を抑えられることなく今に至っております。

さらに、アフリカ豚コレラについては、中国やベトナムでの発生にとどまらず、韓国での発生も確認され、国内に違法に持ち込まれる畜産物による本病発生が現実味を帯びてまいりました。

つきましては、これらの状況を踏まえ、以下の対策を強く要望します。

 

1 豚コレラへの対策

(1)未発生県での予防的なワクチン接種の早期実施

(2)豚・豚肉の流通における制限がないよう流通体制の構築

(3)ワクチン接種した場合の風評被害・価格下落対策の構築

(4)農場で実施する野生いのしし侵入防止対策(柵の設置)への県の

上乗せ助成

 

2 アフリカ豚コレラへの対策

(1)畜産物(豚肉及びその肉製品)の違法持ち込みに対する罰則の強化

 

和元年 9月 25日

 

千葉県知事 森田 健作 様

 

公益社団法人 千葉県畜産協会

会長  森  英介

ナイスポークチバ推進協議会

会長  岩岡 喜久男

 

 

20190925021.jpg

情報発信のため参加者による映像


 

 

 

 

 

 

 

 




ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255