美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


豚コレラ防疫指針改正に係る関東農政局管内県及び 畜産関係生産者団体等との意見交換会開催

予防的ワクチン接種への方針が決定し、それに伴う特定家畜伝染病防疫指針の一部が改正されその内容の説明会が、令和元年10月9日さいたま新都心合同庁舎2号館5階大会議室において開催された。

9月27日に開催された全国説明会において、と畜場における交差汚染防止対策や獣医師の確保などの指針改正を踏まえた課題等が共有されたことを踏まえ、今回の意見交換会の開催となった。

会場には、関東各県(都県家畜衛生担当者、生産者団体(養豚協会、畜産協会、全農)及びと畜場関係者、農水省、関東農政局総計107名が参加した。

開会に際し、関東農政局消費・山下哲朗安全部長から挨拶後、特定家畜伝染病防疫指針の一部改正案の説明は、農林水産省消費・安全局動物衛生課山野淳一課長補佐から資料により説明された。

20191009019.jpg20191009020.jpg

≪防疫指針≫

全文のポイント

野生イノシシにおける感染拡大について、行政機関(国、都道府県及び市町村)及び関係団体が連携し野生イノシシ個体数の削減、経口ワクチンの散布等対策を強力に推進し、家畜への感染リスクを低減させる。

○また、豚コレラの家畜への感染リスクの低減、飼養衛生管理基準の遵守が極めて重要であり、アフリカ豚コレラの感染拡大を念頭に、侵入ルートの遮断のための対策を確実に実施していく。

さらに、中国又はその周辺から侵入したウイルスであることから水際検疫を徹底する。

発生予防対策

○国は、空海港における家畜及び畜産物の輸入検疫、食品残さを介した豚コレラウイルスの野生イノシシへの伝搬を防止・・・インバウンド対策

○飼料販売業者、死亡獣畜運搬業者等の農場の関係事業者に対する、飼養衛生管理基準の遵守について周知するとともに、と畜場、化製処理施設等の家畜取り扱い施設に対し交差汚染防止のための消毒設備の設置を指導する。

野生イノシシ調査

道府県は、関係機関、猟友会の関係団体等の協力を得て、野生イノシシの生息状況の把握、野生イノシシから検体を収集し、豚コレラ・アフリカ豚コレラの有無を調査する。

予防的ワクチン(法第6条)

予防的ワクチンの接種に対する基本的考え方

○我が国における本病の防疫措置は、早期発見と患畜及び疑似患畜の迅速なと殺を原則とし、予防 的なワクチンの接種は原則行わないこととする。 

○農林水産省は、野生イノシシにおける豚コレラ感染が継続的に確認される場合等、衛生管理の徹底のみによっては豚等における感染防止が困難と考えられる場合には、都道府県知事による法第6条に基づく予防的ワクチン接種を認める

20191009026.jpg                                              

ワクチン接種推奨地域の設定

 

○豚コレラウイルスに感染した野生イノシシから豚等への豚コレラ感染リスクが高い地域につい

て、小委の委員等の専門家の意見を踏まえ、ワクチン接種推奨地域を設定する。

都道府県におけるワクチン接種プログラムの作成≫

○ワクチン接種推奨地域に設定された都道府県は、飼養衛生管理の徹底を図っても豚コレラ感染イ

ノシシから豚等への豚コレラの感染防止が困難と認められる地域について、ワクチン接種プログ

ラムを作成し、農林水産省の確認を受けるものとする。

①    接種命令の対象区域の範囲及び範囲の考え方

②    接種開始及び初回接種終了予定時期

③    接種対象頭数及び必要となるワクチンの数量の見込み

④    対象区域内における農場の接種の進め方(家畜防疫員の確保を含む)

⑤    法第7条に基づく標識の方法

⑥    接種農場の出荷先となると畜場

⑦    ワクチン接種に係る正確な情報提供に関する事項

⑧    接種地域における遵守事項等の実施を担保する体制

⑨    その他ワクチン接種に当たり講じる措置の内容

○農林水産省は、当該ワクチン接種プログラムについて、小委の委員会の専門家の意見を踏まえ、

ワクチン接種が家畜防疫の観点から適切に実施されることの確認を行う。

○接種地域の見直し

農林水産省は、国内の豚コレラの発生状況や地域における豚コレラ感染イノシシの確認状況等に

応じ、小委の委員会の専門家の意見を踏まえ、随時ワクチン接種推奨地域の設定を見直す。

その他、対象家畜及び初回の接種方法、接種地域における遵守事項、接種農場の監視他資料により説明。

20191009029.jpg

≪ 参加者からの質問

(1)推奨地域でのワクチン接種について、リスクが高まらないとワクチン接種ができないという事はおかしいのではないか。

(2)交差汚染の危険性からワクチン接種を認めてほしい。現状の「豚コレラ」との呼び名を

「CSF」との言葉に変えてほしい。また、ワクチン接種(家畜防疫員)産業獣医師は対応で切るようでなければ困ります。

(3)ワクチン接種決定までに一年かかってしまった。国が踏み切ったことは良かった。

(4)岐阜・愛知・他5県にてワクチン接種を要請してきました。

イノシシによる感染拡大の予想では、埼玉の侵入予想は来年6月と聞いている。このような状況からワクチン接種地域への対応を見直してほしい。

(5)150万頭分のワクチンに加え増産体制にあるとの状況。

国はワクチンの金額の1/2助成であると思うが全額が負担すべきではないか。

(6)飼養衛生管理基準をより高めていくことが重要であると認識している。

ネズミ対策は必要ではないか。

専門家(小委)の対応にも問題があるのではないか。この専門家の中にも豚が判る人もメンバーに加えるべきでは、また家畜防疫員については地元獣医師も認めるべきではないか。

(7)台風の被害により、防疫体制もままならない状況から、新たな疾病の侵入が心配である。

推奨地域として配慮願いたい。また、生産者の要望を踏まえ、知事名でワクチン接種を強く

要望している。知事名で要望の出ている県は則、推奨地域とすべきではないか。

(8)ワクチンの増産を早急にお願いしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 





ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255