美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


増殖目標・年間母豚当たり25.9頭離乳を目指す ~出荷体重6㎏増やし格付規格「上」の枝肉重量上限3㎏上げに道~

農林水産省はこのほど、2030年(令和12年度)を目標年度とする「新たな家畜改良増殖目標」を決定した。豚肉については1母豚当たり離乳頭数を現行目標(2025年度)より0.1頭引き上げて25.9頭に、出荷体重を同114㎏から6㎏引き上げて120㎏とする目標を設定した。出荷体重目標6㎏引き上げは枝肉概算で4㎏前後に相当し、これは生産者が求める豚枝肉上物規格現状の80㎏を83㎏に引き上げることが可能となり、規格改定の道を拓くものとなる。

純粋種豚の能力に関する目標値(全国平均)

 

 

品 種

繁 殖 能 力

産 肉 能 力

1 腹

当たり

育成頭数

1腹当たり子豚

総体重

一日平均像体重(g)

ロース芯の面積

背脂肪層の厚さ

Cm

飼 料

要求率

0~

105㎏

30~

105㎏

 

目 標

B

     8.5

47

560

745

30

1.7

3.1

L

  11.2

64

690

910

35

1.6

3.0

W

  10.8

64

700

960

35

1.6

2.9

D

     8.1

45

760

1,070

35

2.0

2.9

 

現 在

B

     8.0

45

531

700

28

1.7

3.2

L

  10.2

59

637

831

35

2.0

3.1

W

9.8

58

646

864

35

1.6

3.0

D

     7.6

43

702

981

34

2.2

3.0

注1.   繁殖能力に係る数値は、分娩後3週齢時の母豚1頭当たりのもの。

注2.   繁殖能力及び産肉能力に係る数値(飼料要求率を除く)は、(一社)日本養豚協会が行う遺伝的能力評価事業で雌雄の個体のデーターを収集したもの

注3.   1日平均像体重の数値は、実際の改良の現場で、生時を体重0㎏として算出した105㎏までの間の値と、30~105㎏までの間の値の両方が使用されているため、今回から併記。なお、30~105㎏までの間の値は、0~105㎏までの間の値から推定したものである。

注4.   飼料要求率の数値は、体重30~105㎏までの間の1日平均増体重と飼料要求率の関係をもとに推定した値である。(バークシャーは実測値)

注5.   ロース芯の面積及び背脂肪層の厚さは、体重105㎏到達時における体長1/2部位のものである。

 

 

肥育素豚生産用母豚の能力に関する数値(全国平均)

 

1腹当たり

生産頭数(頭)

育 成 率

年間分娩回数

1腹当たり年間

離乳頭数(頭)

目  標

(令和12年度)

 

12.0

 

94

 

2.3

 

25.9

 

現  在

 

11.2

 

89

 

2.3

 

22.9

注1:育成率及び1腹当たり年間離乳頭数は、分娩後3週齢時のものである。

注2:肥育素豚生産用母豚の能力は、交雑種のものとする。

 

 

肥育豚の能力に関する数値(全国平均)

 

出荷日齢

出荷体重

飼料要求率

目   標

(令和12年度)

180

120

 

2.8

 

現   在

 

188

 

114

 

2.9

注1:肥育豚の能力は、交雑種のものとする。

注2:出荷日齢、出荷体重算出に用いたデーターと飼料要求率の算出に用いたデーターは対象農場等が異なる。また、飼料要求率は生時から出荷までの肥育豚のものとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255