美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


2020年ナイスポーク活動支援に対する御礼挨拶

 

この一年、人の病気である新型コロナ感染拡大への対応と、豚の豚熱ワクチン接種とそれに伴う料金軽減要請で終えた感のある2020年。 県議会最終日、例年であれば、県農林水産部長室及び畜産課へも訪問するところであるが、新型コロナ感染影響から県議会のみこの一年の支援御礼挨拶に自民党県議会議員会畜産振興議員連盟三役を訪問した。

挨拶は、岩岡会長、青柳会長代理、北見・向後副会長、堀江・塩澤顧問と事務局の7名で訪し、午前11:30から約20分程度意見を交わした。

開会に際し、岩岡会長から豚熱ワクチン料金軽減に対するお力添えに御礼を申し上げた。20201222010.jpg

出席したナイスポークチバ推進協議会出向部役員

畜産議連實川会長からの挨拶として、来る3月実施される県知事選挙について自民党として県議会議員である関 正幸氏の推薦を決定した旨報告。支援依頼を頂きました。

当日、候補者本人も同席され、力添えのお願を頂きました。ナイスポークは事前に推薦状の依頼を受けており、岩岡会長から推薦状をお渡しいたしました。

 

20201222004.jpg

挨拶される實川県議会自民党畜産議連会長

今回の知事選挙は、森田健作知事の後を受け、自民党千葉県支部連合会所属の関 まさゆき氏を自民党が推薦いたしました。総括責任者には森 英介衆議院議員、渡辺博道衆議院議員が選挙対策本部長に就任し、自民党国会議員、県議会議員が総力を挙げて挑む体制ができ過日(12月12日)開催の各種団体長懇話会で披露されました。選挙対策副本部長に就任した河上 茂県議会議員から協力要請の挨拶を頂きました。

20201222014.jpg20201222015.jpg

岩岡会長から県議会議員関まさゆき氏へ推薦状が渡された

20201222011.jpg

決意を述べる関まさゆき県議会議員

 20201222022.jpg

協力依頼で話される河上自民党県連幹事

ナイスポーク事務局から、最近の養豚情勢について資料により次の3点報告。

(1)自民党養豚農業振興議連総会開催に際し、豚熱(CSF)関連要請の報告

(2)豚熱ワクチン民間獣医師が打てる制度へ年内閣議決定

(3)豚肉の家計消費金額コロナの影響で1~2割増し

20201222007.jpg

特に、豚熱ワクチン接種が県職である家保の獣医師を主体とした家畜防疫員に限定されていることから本来の家保業務に支障が生じている。千葉県は県議会議長、知事から要請を行なっている。

20201222008.jpg

このケースは千葉県に限らず他県においても同様の制度の見直し要望があり、国も民間獣医師が豚熱ワクチンを接種できるよう「豚熱防疫指針」改正に向け閣議決定の方向にある旨説明し、力添えに対し御礼を申上げ報告。

また、コロナ感染に伴い、家計消費として豚肉が1~2割伸びている状況を資料により説明。

これらの報告に対し、生産者からの要望があればとの問いがあり、報告の内容に対する要望はないが、現在強化をしている野生イノシシ対策をお願いした。

 20201222023.jpg

自民党県議会議員会畜産振興議連の先生方とナイスポーク役員



 

 

 

 

 

 


 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255