美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


知事認定獣医師による ワクチン接種に伴う料金軽減要請

現在、豚熱のワクチンは家畜防疫員(家保職員・民間獣医師)により接種が実施されている。

主体は畜保の職員が接種を実施している。養豚の盛んな地域ではワクチン接種に追われ他の業

務遂行に支障がでる状況となっていることから、昨年6月国に対して県知事名で要望書、県議会議長名で意見書が提出された。

≪要望・意見書の内容≫

家畜防疫員に任命されなくとも、民間の獣医師が日常の診療業務の中でワクチン接種を実施できるようにすること

 

その後、本県では鳥インフルエンザにより大きな被害を受けたことでその対策に多くの人員が割かれ家畜防疫体制に大きな影響が生じていることから、国が改正を進めている「豚熱に関する特定家畜伝染病防疫指針」実施ついて特例により早期に実施できるよう、宮内農林水産副大臣、新井消費安・全局長出席のもと本年3月に要請した。

その席で千葉県は条件が整え次第、特例として接種が認められた。

ただ「その条件が整えば」が難題であり、県条例での定めが必要となる。

正式に4月から民間獣医師(知事認定獣医師)による接種が認められた。

千葉県ではこの6月県議会での条例改正により全国的にも早い段階での知事認定獣医師によるワクチン接種が可能となる見通しで動いている折、群馬県から次のような情報がもたらされた。

≪群馬県における農家向け情報 2021.4.28≫

新しい豚熱ワクチン接種制度が始まります

~制度の概要~

◎   「知事認定獣医師」による接種(新体制)

Q 接種するのは誰?

A 接種するのは、農場と契約関係にある民間獣医師

Q 接種費用は誰に支払うのか?

A 技術料や交通費、防疫資材の負担方法など契約の中で明確にして、

知事認定獣医師に支払ってください。

Q 県に払う手数料は?

1頭あたり10円です。(豚熱ワクチンは県から提供します)

◎   「家畜防疫員」による接種(今までの体制と同様)

Q 接種するのは誰?

A 県の指示で対応する獣医師(家保も含みます)

Q 県に払う手数料は?

1頭あたり290円です。

 

~「知事認定獣医師」による接種に変更したい場合~

① 年間を通じて豚熱ワクチン接種を実施する獣医師を探し、知事認定獣医師

として接種できるか相談して下さい。

② 次に、以下について知事認定獣医師と取り決めを行って下さい。

県に払う手数料以外にかかる経費として

知事認定獣医師に支払う費用

豚熱ワクチン接種のために農場訪問する頻度

1カ月間の接種予定頭数など

 

この情報では生産者が、豚熱ワクチンを「知事認定獣医師」にお願いして接種する場合、県に支払う金額はワクチンを管理するための経費として1頭あたり10円のみで、ワクチンの料金は県が負担するとある。通常ワクチン代金はおおよそ100円で、その1/2の50円は国が助成し、残る1/2の50円を生産者が負担することになるはずである

20210604003.jpg

 

県庁畜産課への要請  県畜産課対応:井出畜産課長・大澤副課長・島田家畜衛生対策室長

ナイスポーク:岩岡会長・青柳会長代理・塩澤顧問(JPPA副会長)

 

ナイスポークは国への要請後、県の依頼により、3月下旬から知事認定獣医師活用を希望する生産者について「豚熱ワクチン接種体制見直しに関する調査」を実施してきました。

回答221農場(調査対象農場数250農場)で約52%の農場で知事認定獣医師による接種を希望するとの回答。大手の農場の大多数がこれに含まれている。

現在、家畜防疫員による接種は生産者が負担する豚熱ワクチン接種料金390円を100円減免により290円となっている。今回家畜防疫員である家保獣医師のワクチン接種による業務軽減を図るとの大きな目的があることから、千葉県としても「知事認定獣医師による接種」を期待しているものと考える。

このような状況から、生産者が知事認定獣医師の活用に際しても、それなりの県助成があってしかるべきとの考えから、6月4日(金)ナイスポーク岩岡会長、青柳会長代理、塩澤顧問と事務局の4名で県畜産課を訪問し、6月17日からの県議会開会を控え、県条例への対応の確認と関連要請を行なった。

まず気になる、この問題を今回の県議会で条例改正として上程されているか、いなかであったが、料金徴収方法(県徴収分をどのような方法で・・・生産者・民間獣医師)について調整がつかずに今回見送ったとの説明を受けた。

まずは要請内容を検討する時間が取れたものと安堵している。

協議の中では、群馬県と同様の対応は非常に難しい旨の説明を受けた。

今後は生産者の意向を踏まえ、7月予定の新役員による理事会(三役互選)後、9月県議会に向けて、自民党県議会議員会畜産振興議員連盟との勉強会(状況説明等)開催を視野に入れながら要請方法を検討していきたい。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 




ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255