美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


トマトに脂肪燃焼効果があるらしい・・・?

P1040701_small.JPG

 

トマトが大人気だという。実は我が家も今年トマトを3本植えた。

大玉は難しいので、ミニトマトとではあるが収穫が楽しみである。

「トマトに燃焼効果があるらしい」との研究成果が今年の2月に京都大学が発表したため健康効果が注目されたようだ。

ナマはもちろんのこと、近所のコンビニでは、一時ジュースが売り切れたと聞く。

 発表資料には「トマトが赤くなると医者が青くなるという欧州の古い諺(ことわざ)まで紹介されている。確かにトマトを食べたくなる。

 ただ、動物実験で確かめただけなので人に、効果があるか定かではない。実験結果から考えると、人の場合、毎食時に200mlのジュースを飲まないと効果がない点も懐には厳しい。

 世界の肥満データーにも合致しない。

農水省のデーターによれば、米国民一人当たりの年間トマト消費量は45㎏。日本の5倍だが、肥満の比率は先進国1位。日本の10倍に達する。

権威ある京大の研究だけにトマトに引き寄せられる人は多いのだろう。

赤くて丸い形は食卓の彩り。甘みと酸味、旨みも魅力的だ。食べて痩せる。

そんな「医者が青くなる」効果も果たしてあるかどうか。

                                     (読売新聞:一部よみうり寸評抜粋)

 時折行くスーパーの野菜売り場もトマトを置くスペースが以前より広がったようだ。

消費者の購買力の影響かと思う。形・大きさ・種類・こだわり等トマトもさまざま、色からして体に良さそう・・・?そこで参考まで、トマトの効能を調べて見ました。

   

トマトの栄養①リコピン
トマトに含まれるカロチンの一種で、トマトの赤い色素。

リコピンは、老化の大きな原因とされる活性酸素を除去してくれる抗酸化物質です。リコピンの抗酸化能力は、有名なβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍といわれています。
 偏食や飲酒、ストレス、紫外線などで活性酸素が増えると、体はいわゆる「サビた」状態になります。過剰になると正常な細胞まで破壊するようになり、これがガンや老化、動脈硬化の原因と考えられています。リコピンは、この活性酸素を除去する働きがあるのです。
リコピンには、メラニンの生成を促す物質の発生を抑制する働きがあります。また、皮膚に含まれるリコピンは肌を守る働きがあり、紫外線からのダメージによってできるシミやしわ、そして皮膚ガンの予防にも役立つと考えられています


トマトの栄養②ルチン
 ルチンは蕎麦に多く含まれている成分ですが、トマトにも含まれています。

ルチンは植物に含まれる色素成分フラボノイドの一種で、毛細血管を強化して内出血を防ぐ働きがあります。血圧や血糖値の降下作用、膵臓機能の活性化作用などがあることも報告されています。
 ルチンは毛細血管を強化する働きがあり、血栓を防いで血流をスムーズにしてくれるため、高血圧や動脈硬化などを改善を助けます。ルチンはビタミンCを正しく吸収し使用するのに欠かせない物質で、ビタミンCがコラーゲンを維持する働きを助けます。そして、コラーゲンの合成を促進して肌のシミやシワ、たるみを防いで肌の老化を予防します。ビタミンCは抗酸化作用が強く、免疫力を高める効果があるため、ルチンの摂取は風邪やガンの予防にもなります。
また、ルチンはアレルギー反応を引き起こすヒスタミンの分泌速度を遅らせるため、アレルギー治療薬として利用されています。

トマトの栄養③ナリンゲニンカルコン(NGC)
 ナリンゲニンカルコン(NGC)は、トマトの成分を研究する過程で偶然発見された成分。

ケチャップやトマトジュースなどの原料になる加工用のトマトの皮に含まれるポリフェノールの一種です。
このナリンゲニンカルコン(NGC)は、スギ花粉だけでなく、ダニ、ハウスダスト、ヒノキ、ブタクサなどのアレルギーを改善する働きをもっています。
 ナリンゲニンカルコン(NGC)は、ヒスタミンの放出そのものを押さえる働きがあるので、抗ヒスタミン薬の一段手前の段階でアレルギー症状を抑えてくれるのです。しかも、食品なので、副作用の心配もなく、お子さんにも安心です。
 しかし、ナリンゲニンカルコン(NGC)は、生食用のトマトにはほとんど含まれておらず、加工用のトマトの皮のみに含まれている成分で、加工用のトマトでも果肉や果汁には含まれていません。そのため、サプリメントでの摂取が理想的です。
 ナリンゲニンカルコン(NGC)の効果が出るまでは、数日から1週間ほどかかリます。

そのため、アレルギー症状が出る前に摂取しているのが望ましいのですが、アレルギー症状が出てからでも、ある程度の効果はあるようです。

トマトのその他の栄養
 トマトには、成人病やガンの予防効果があるとされるビタミンA、風邪の予防に効果的に働くビタミンC、脂肪の代謝を円滑にするビタミンB6、血液中の塩分を排出し高血圧予防に効果的なカリウムなど豊富に含まれています。ビタミンHとPは、お互いの相乗効果を発揮し、細胞と細胞をつなぐコラーゲンを作ったり、血管を丈夫にしたりしてくれます
 さらに、水溶性食物繊維のペクチンが含まれていて、便秘を改善するほか、老廃物や有害物質を排出する働きを促進し、生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255