美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


「養豚農業振興法」基本方針策定・パブリコメント募集(農林水産省)協力御礼


 

国産豚肉を生産する全国の養豚生産者の願望であった養豚の法律が初めてできました。

それが「養豚農業振興法」です。

この法律の成立を受け、国(農林水産省)では、この法律の基本方針策定のために広く国民からのパブリコメントを9月30日期限で募集しました。

今回サポーター会員に対し、国産豚肉の生産とその必要性についてパブリコメントの発信をお願いしご協力を頂きました。

 

パブリコメント

パブリックコメントPublic Comment、意見公募手続、意見提出制度)とは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとるときに、広く公に(=パブリック)に、意見情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。公的な機関が規則などを定める前に、そすの影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ

 

 

養豚農業振興法

( 目 的 )

第 一 条

この法律は、養豚農業が、国民の食生活の安定に寄与し、及び地域経済に貢献する重要な産業であ

ること並びに食品残さを原材料とする飼料の利用等を通じて循環型社会の形成に寄与する産業である

ことに鑑み、養豚農業の振興を図るため、農林水産大臣による養豚農業の振興に関する基本方針の

策定について定めるとともに、養豚農家の経営の安定、飼料自給率の向上等を図るための国内由来

飼料の利用増進、安全で安心して消費することができる豚肉の生産の促進及び消費の拡大等の措置

を講じ、もって養豚農業の健全な発展に資することを目的とする。

 

( 基本方針 )

第 三 条

農林水産大臣は、養豚農業の振興に関する基本方針(以下単に「基本方針」という)

を定めるものとする。

2  基本方針には、次に掲げる事項を定めるものとする

1) 養豚農業の振興の意義及び基本的な方向に関する事項

2) 養豚農家の経営の安定に関する事項

3) 国内由来飼料の利用の増進に関する事項

4) 豚の飼養に係る衛生管理(以下「飼養衛生管理」という)の高度化に関する事項

5) 安全で安心して消費することができる豚肉の生産の促進及び消費の拡大に関する事項

6) その他養豚農業の振興に関し必要な事項

 

 

養豚農業振興の目的および広く国民に対しパブリコメントをお願いした内容は上記のとおりであります。

予定では10月9日に有識者会議の開催が予定されると聞いております。

養豚生者にとってより良い法律となることを強く望むものであります。

050_small.JPG

 

 

051_small.JPGキンモクセイ

 

 

 

 

 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255