美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


JPPA俺たちの豚肉を食ってくれ2015盛大に開催

 

 

第9回目を迎えた「俺たちの豚肉を食ってくれ2015」が東京日比谷公園にれの木広場で、今回『農業と子どもの元気が日本を元気にする』をテーマに開催された第6回ファーマーズ&キッズフェスタ2015の一コーナーで開催された。

主催はファーマーズ&キッズフェスタ実行委員会(公益社団法人日本農業法人協会)、後援は農林水産省、経済産業省、文部科学省、消費者庁、内閣府、東京都、NHkなど多くの機関が参加しており、メインスポンサーは全国農業協同組合連合会、イオンリテール(株)、特別協賛として農林中央金庫などである。

ファーマーズ&キッズフェスタは日本全国のプロ農業者が集い「子どもと農業をつなぐ架け橋」として都会の子供たちに元気なニッポン農業を発信するイベント。こだわりの新鮮ンは農産物を東京のど真ん中にお届けするとともに、楽しいステージや食育・農育ワークショップ、大型農業機械の試乗や畑を耕す体験、動物との触れ合いなどさまざまな形で農業の魅力と楽しさを紹介している。

一般社団法人日本養豚協会(JPPA)主催による「俺たちの豚肉を食ってくれ2015は日頃味わえない全国の豚肉(銘柄)がしゃぶしゃぶ、焼肉で味わえるとあって例年このイベントを楽しみにしている消費者も多いと聞いている。

初日の14日(土)は朝から時折り雨が落ちる中、志澤会長の挨拶、駆け付けた農水省大野畜産部長の応援の挨拶。JPPA佐竹青年部長の発声によりイベントがスタート。

朝のうちは会場への参加者も少なく、パンフレットの配布が鈍かったが11時頃には試食ブースには多くの来場者が長い列を作った。

しゃぶしゃぶは一日3回、焼肉は一日2回それぞれ交互に実施した。

14日(土)

15日(日)

11:00

岩手県

(農)八幡平洋野牧場

北海道

(有)ピックリーポーク

いわて純情豚 愛海(めぐみ)

樽前清水豚(たるまえゆうすいとん)

埼玉県

(有)長島養豚

千葉県

マーガレットポーク研究会

むさし麦豚

マーガレットポーク

13:00

宮城県

(有)大槻ファーム

秋田県

(農)八幡平養豚組合

 

めぐみのポーク

八幡平ポーク

沖縄県

嘉数ファーム

香川県

オリーブ豚振興会

甘熟豚(かんじゅくとん)

オリーブ豚

15:00

岐阜県

(有)吉野GPファーム

福島県

(有)肉の秋元本店

 

飛騨旨豚(ひだうまみぶた)

白河高原清流豚

宮崎県

小野株式会社

愛知県

(有)オインク

本城ロイヤルポーク

三河おいんく豚

 

008_small.JPG010_small.JPG015_small.JPG

人気のしゃぶしゃぶ試食コーナー

 

俺豚では恒例となった45㎝の特大フランスパンを使用した「ホットドッグ早食い競争」では歴代優勝経験者も参加するレベルの高い争いとなった。一般の部、女性の部とも熱戦となり多くの来場者を楽しませてくれた。

 

031_small.JPG034_small.JPG 033_small.JPG

男性(熾烈)女性(おひとやか)の戦いを見守る来場者

 

焼肉コーナーも多くの来場者が列を作った。しゃぶしゃぶと違った味を楽しんでいた。

試食された消費者との交流の中で、国産豚肉の美味しさ。

脂に甘みがあり美味しいと消費者の国産に対する評価に一安心。

 

021_small.JPG046_small.JPG048_small.JPG 子供さんに国産豚肉のリピーターにと期待・・・

 

子どもたちの泣き声が可愛い、「ブタの鳴き声物まね長さ大会」では司会を務める青年部宮治大輔委員の進行により「国産豚肉大好き! 」との合言葉を参加者に叫んでからの豚の鳴き声長さを競った。小さな子供たちの泣き声に会場は大いに和んだ。

 

050_small.JPG053_small.JPG055_small.JPG058_small.JPG

『国産豚肉だいすき」

066_small.JPG

大人の部で優勝し、喜びの消費者

 

 

042_small.JPG 千葉県選出国会議員(森英介衆議院議員)・農水省担当官も来場し国産豚肉を応援

 

DSCN7151_small.JPG

イベント第1日目のJPPA参加スタッフ者全員による

 

 

 


 


 

 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255