美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


好ましい食生活とは・・・?

 

 

16726001.jpg

 

人の体は、個人差はあるものの、50歳前後に、エネルギーを生成するメイン工場が解糖エンジンからミトコンドリアエンジンに移り変わります。すなわち、生殖のための体から、長生きのための体に切り替わるのです。

 

50代ともなれば、腸をいたわる食べ方に変える勝負の時期。なぜなら、50歳からは体を動かすためのメインエンジンが切り替わるらです。体を動かすエンジンは2種類あり一つが炭水化物を糖に変え、瞬発力を生む「解糖エンジン」。もう一つは、酸素を燃料に持続力を生む「ミトコンドリアエンジンです。


活動的な30~40代のメインは解糖エンジンで、その原料はご飯やパンなどの炭水化物。50代を迎えると、今度は徐々にミトコンドリアエンジンにメインが切り替わります腸を主に動かしているのがこのミトコンドリアエンジンで、酸素を原料としています


ところが、50歳を過ぎてからも変わらずお菓子やパンを食べていると、解糖エンジンが活発になり、ミトコンドリアエンジンがうまく回らないすると、取り込んだ酸素は使われないまま活性酸素になり、腸にダメージを与えます

 


 

50歳代

50歳を過ぎたら毎回主食を取らなければいけないほどの糖質は必要なくなります

それにもかかわらず、糖質を大量に取過ぎると、解糖エンジンが無駄に働きすぎてしまい、ミトコンドリアエンジンが誤作動を起こし、大量の活性酸素を排出するようになってしまうのです。

コンドリアエンジンが最も必要としているものは、酸素です

また、高体温、低糖質の環境にあるとき、コンドリアエンジンは良好に働きます

 

50歳を過ぎたら、高酸素・高体温・低糖質の体内環境を務めてでも保つことです

そのためには、一日何度でもよいので、気がついたら深呼吸を繰り返すようにしましょう

その時、丹田(おへそと恥骨の間)を意識して、ここに酸素を送り込むようなつもりで、深呼吸するとよいでしょう。

 

 

また、有酸素運動(ウオーキング・水泳など)を適度に行うことも大切です。

高体温の体内環境をつくるには、毎日ゆったりとリラックスした気持でお風呂に浸かることです。

そして、何よりも大事なのは、炭水化物(白米・パン・麺類)や砂糖、甘味料を含むお菓子やジュースを制限した生活を始めることです

 


 

60歳代

60歳代になったら、体にとって特に必要となる栄養素は、コレステロールです

60歳を過ぎたらコレステロールは少々高めのほうが健康体だと思ってください。

なぜならばコレステロールは、細胞膜と性ホルモンの材料になる栄養素だからです。


人を若返らせる要素とは細胞膜の丈夫さやみずみずしさであり、人に生きる活力を与えてくれるのは性ホルモンです。この大事な若返り物質の原料となるのがコレステロールなのです

良質のコレステロールをとるには、良質の肉を食べることす。

 

肉を食べるときは、食物繊維の豊富な野菜も一緒に取ることが大切です。

コレステロールは悪玉菌の好物でもあり、取過ぎれば腸内環境が乱れる原因にもなります。

だからこそ、コレステロールのメリットを得ながら、悪玉菌を異常繁殖させないためにも、肉と一緒に野菜を食べることが重要なのです。

 

なお、良質な肉とは、鮮度の高い肉のことです。新鮮な肉は、脂身の部分の色がきれいな白をしています。できるだけ、国産で産地のわかる肉を選ぶとよいでしょう

抗生物質、成長ホルモンなどが混入した合成飼料を使った安価な肉は注意すべきです。

国内産の肉の場合、科学物質の残留は厳しくチェックしており安心です。

 

60歳代になったら、自分の健康のために少々高くとも決して贅沢なことではありません

「ピンピンコロリ」「生涯現役」を貫くためには、これからの一食一食は特に大事なってきます。

そのための肉は、そのための投資なのです。

 

(東京医科歯科大学名誉教授:藤田紘一郎先生提唱)



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255