美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


夏バテで食欲低下・・・香辛料で胃を元気に

 

003.jpg

 

暑い日が続いていますね。夏バテしていると言う人が多いのではないでしょうか。

代表的な症状としては、食欲低下や疲れが抜けない、なんとなくだるい、といったものが挙げられます。

主な原因は、室内外の大きな温度差による自律神経の乱れ、熱帯夜による睡眠不足、旅行やレジャーなどによる非日常の生活リズム、暑さによる飲食物の偏りなどが考えられる。

夏バテを2つのタイプにわけて、食事面の対応策を紹介しましょう。

一つ目は「疲労感があって食欲も少し低下ぎみ」の場合です。

食事面でのポイントは食べたいという意欲を湧かせること。つまり食欲増進と胃液分泌の促進です。

例えば、ウナギのかば焼きは醤油とみりんの少し焦げた香りが食欲を刺激します。カレーや唐辛子の辛味、レモンや酢、ワインビネガーなどの酸味、ネギやニンニク、ニラなどの香味野菜の使用も胃液分泌に役立ちます。

また涼しげな器や色鮮やかな盛り付けも食欲をかき立てます。白いご飯だと箸が進みにくいという場合には、酢とサケフレークを加えた彩りのよい酢飯にしたり、お肉や魚を焼く祭にはカレー粉を加える、あえもの物にマスタードやワサビを使う、などの工夫をするとよいでしょう。

適度な汁気があり、ご飯とおかずが一緒になったカレーライスや丼ものもおススメです。味がしみ込んだご飯とおかずを一口で食べることができます。ほかに、少量でもエネルギーが確保できる揚げ物や栄養価の高い納豆、チーズなどもうまく使いましょう。

一方、「胃腸が疲弊し、食欲がない場合」には水分と糖分の補給を意識するとよいでしょう。

のど越しが良く高栄養のプリンや果肉がたくさん入ったフルーツゼリー、卵豆腐や冷奴、茶わん蒸し、卵雑炊や煮込みうどんなどを無理のない範囲で召し上げるとよいでしょう。

さらに下痢や嘔吐がある場合には、脱水や低血糖にならないように、塩分と糖分を含んだスポーツドリンクなどの飲料を少量ずつ飲み、十分な休息を。

体調管理は予防が重要ですが、体調を崩してしまった際のケアも頭の隅に入れ、残暑を乗り切りましょう。

(日本経済新聞:ヘルスこの一手から2016.8)



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255