美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


平成29年度千葉県豚共進会盛大に開催 千葉県産銘柄「房総ポーク」名誉賞を受賞

例年10月上旬開催の千葉県肉豚共進会は、千葉県で生産される豚肉の生産性及び肉質改善のため、豚改良の一環として開催しています。本年度は10月3~5日までの3日間千葉県旭市所在の(株)千葉県食肉公社において県内から選抜された91組182頭が出品されました。

出品豚は開催2日目に第一次審査(温と体)を行い、上位20点を選抜。一晩冷蔵庫に保管された枝肉 (冷と体)を共進会3日目に審査会場に並べ、審査委員による審査が行われた。

最終審査に残った上位3点について肩の部分をカットしてその断面による審査により最終序列が決定された。

 

210171005006.jpg

最終審査を前に審査会場に並べられて枝肉

 

20171005012.jpg

上位決定の為にカットする枝を決める審査

20171005009.jpg

最終審査に残った枝肉と最終審査のため肩の部位をカットする公社職員

 

20171005021.jpg20171005022.jpg

カットされた断面により肉質(色・締り・マーブリングなど)肉量(ロースの大きさ、バラの厚み・脂肪の付着状況など)を審査する。

20171005011.jpg

レベルの高い枝肉のカット面(色・肉量・ロースのマーブリングの状態)

20171005027.jpg

と畜された豚(枝肉)にはバーコードによる情報が付記され1頭1頭管理される。

 

と畜された日(曜日)もはっきり付記されている。豚肉の本来の美味しさは、と畜後チルド状態で4~5日頃が美味しいとされている。

その意味では、輸入豚肉に比べ断然美味しいことがわかるだろう。

20171005037.jpg

審査が終了し、生産者・関係者に対し、審査委員から上位枝肉について講評

審査委員から細かく説明を聞く生産者。講評の内容からより品質の高い豚肉生産を目指す参加者の熱心さが感じられる。

 20171005035.jpg

平成29年度千葉県肉豚共進会審査結果

出品番号

住所

氏名

名 誉 賞

佐倉市

熱田  好司

優等1席

40

香取市

青柳  耕一

優等2席

80

旭 市

柴田  初枝

優等3席

41

香取市

青柳  康裕

優等4席

24

東庄町

江波戸 敏雄

優等5席

65

旭 市

寺嶋  英夫

優等6席

57

旭 市

鮎田  恒男

優等7席

92

山武市

越川  雅次

優等8席

27

東庄町

(有)東総ファーム

優等9席

90

山武市

花澤  昭夫

優等10席

87

横芝光町

伊藤  正吉



名誉賞受賞枝肉及びカット断面

20171005046.jpg 20171005041.jpg20171005044.jpg優等賞1席受賞枝肉及びカット断面


20171005045.jpg 20171005039.jpg20171005043.jpg

優等賞1席受賞枝肉

20171005047.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255