美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


第41回千葉市民産業まつり盛大に開催・・・県産ポークPR

41回千葉市民産業まつりは、明け方まで雨が残ったものの、晴れの特異日にふさわしい、快晴の11月3日(文化の日)となった。今年も千葉市中央区千葉ポートパーク周辺緑地帯において開催された。芝生の会場は雨の影響から多少足場は軟弱ではあったものの大きな影響もなく9時前から会場設営衛に入った。ナイスポーク協議会で2ブース、養豚振興プロジェクト委員会で2ブースを借用し、販売2ブース、展示・情報発信2ブースとして県産豚肉PRとして恒例の出店である。

 20171103056.jpg

天候の回復で多くの来場者

20171103055.jpg

雲一つない快晴

県産銘柄豚肉格安販売に長蛇の列・・・・養豚・健康情報発信

今回も昨年同様、県産銘柄(大吉ポーク)70kg(ロース:20・肩ロース:20・バラ:30)を使用して焼肉格安販売に加え、アンケート&クイズに答え、抽選でロース1kgブロック50本と県産ビーフカレー、NPCオリジナルTシャツのプレゼントと豪華賞品を準備。

日中、気温は20℃とこの時期では暑さを感じる秋晴れ、ほとんど風もなく穏やかな日和に誘われ多くの来場者が会場に訪れ、ブースから30メートルの2列(焼肉購入・ガラポン抽選)の長い列ができた。 例年この時期のイベントに参加できる生産者はなく生産者は(株)堀江ファームのみであった。

今回も(公社)千葉県畜産協会によるスタッフが主体の総勢19名で焼肉販売、アンケート・クイズ、展示物の説明、抽選対応、賞品の管理等約3時間休む暇なく対応に追われた。

アンケートの内容としては、飼料米、エコフィード、はちみつ、豚肉の健康効果、イベリコ豚など豚に関する以外の設問・クイズを取り上げた。また豚肉に限定せづ「健康寿命」にもふれ、日頃からバランスの取れた食生活が重要であると、来場者の認識を促した。

 

千葉県産豚肉ロース1㎏が当たる大抽選会

午前10時過ぎから午後1時すぎまで豚肉販売、アンケート・クイズで大当たり50本が用意された。その他ナイスポークオリジナルTシャツ、ビーフカレーも賞品として用意された。

20171103050.jpg

ナイスポーク県産豚肉PRブース

20171103043.jpg

情報発信ブース(三元豚・イベリコ豚・畜産・飼料米・健康など盛りだくさん)

 

20171103051.jpg

簡単なクイズに挑戦する来場者

 

20171103045.jpg

養豚に関する資材展示・・・これなーに?

 

20171103059.jpg

焼き肉を求め長蛇の列・・・焼きてスタッフは大忙し

 

20171103058.jpg

抽選でロース1㎏プレゼント・・・・大喜びの家族

 

例年、イベントの目玉である「さんま塩焼き」の無料配布が、不漁のため今回中止となった。

天候の回復により主催者発表によると来場者は75,000人と昨年を上回る人出と発表された。

今回108(農産20、水産12、物販20、飲食56)の出展ブースがあつた。

特に飲食が多く本来の地場食材を使用した販売であればよいのであるが、その中身は定かではない。

本来の目的である「千葉県及び千葉市の地場生産品を広く市内外にプロモーションするとともに、千葉市中央地区における賑わいの創出と会場来場者へのサービスを目的に実施する」とある。

出展ブース料金が高いこと。詳細は判らないが、出展者の儲け第一優先でモラルの悪さも感じられ、本来の開催目的からかけ離れてきていると感じられる。

以前、千葉市中央卸売り市場で開催された当時が、本来の姿であったのではないだろうか。

このように感じるのは出展者:ナイスポークだけであろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 




ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255