美味しい豚肉を笑顔の食卓へ千葉県の養豚生産者が結集しました。ナイスポークチバのホームページです。


第43回千葉市民産業まつり出店・展示 千葉県産豚肉PR・消費者との交流

祭日文化の日の振替休日の11月4日、千葉市中央区にあるポートタワー周辺緑地において恒例となっている第43回千葉市民産業まつりが開催され出展参加した。

このイベントの目的は「千葉県及び千葉市の地場生産品を広く市内外にプロモーションするとともに、千葉市中央地区における賑わいの創出と会場来場者へのサービスを目的に実施する」とある。

今回、台風被災の影響から生産者の参加者は得られず、(公社)県畜産協会役職員5名、県庁畜産課、県畜産総合研究センター各1名、(株)ヒラノ:(株)かもめガスナイスポーク事務局他全員で14名による対応により、焼肉班、情報発信班、アンケート・クイズ班、抽選班、会場整理班と限られた人員フル回転で午前10時からイベントをスタート。

ブースは、ナイスポーク協議会と養豚振興プロジェクト委員会で各2ブースを借用し、販売2ブース、展示・情報発信2ブースとして県産豚肉をPRしました。

2019114008.jpg

来場者8万人と主催者の発表


2019114006.jpg

千葉県産豚肉60㎏を焼肉で販売し大好評

1.千葉県産美味しい豚肉・・・格安販売に長蛇の列

今回も昨年同様、県産銘柄(大吉ポーク)60kg(ロース・肩ロース・バラ各20㎏)を使用して焼肉格安販売に加え、アンケート&クイズに答え、抽選でロース1kg(ブロック)50本が当た企画に多くの来場者を引きつけ千葉県産豚肉をおおいにPRすることができた。

2.情報発信・・・クイズ&アンケートで養豚・畜産情報を提供

アンケート&クイズの内容は、三元豚、イベリコ豚、豚肉の健康効果、卵、など豚に関する以外の設問・クイズを取り上げた。また、高齢者にとって良質な動物性蛋白質を摂ることが長寿に不可欠であることなど、日頃からバランスの取れた食生活が重要である等、幅広い内容で来場者と情報交流をし、その中で国産豚肉の美味しさを強調した。

昨年同様、ジュニアクイズては、肉の部位について情報を提供した。

2019114021.jpg

熱心にアンケート・クイズに挑戦・・・豚肉当てるわよ

2019114027.jpg

これ何だろ?・・・人工授精用器具に

2019114004.jpg

子供達もクイズに参加・・・これ豚さんの食べるものなの?

20191104018.jpg

お肉の部位・・・子供達意外と知っているね

国産豚肉と輸入豚肉がと畜後、何日で食卓にあがるの かについて消費者の回答を求めた 

国産豚肉の鮮度の良さを強調し、特に国産には脂身の甘みがきわだって美味しいと説明した。

3.ガラポン大抽選会

抽選券は、焼肉購入者、アンケート&クイズ解答者に対し抽選券を配布した.

当たりが赤球がロース1㎏(ブロック50本)、黄色がナイスTシャツ(5本)で、白球ははずれと表示した抽選会場も、焼肉購入者と同様、ブースから長い列ができた。毎回他の出ブ―スに迷惑のかからによう流れの誘導も重要な仕事である。

 

2019114025.jpg

子供達に当てて欲しい・・・将来食品を選択する大切な消費者です

 

2019114047.jpg

子供たちの挑戦を見守るお母さん

20191104040.jpg

来てよかったね。

20191104048.jpg

豚の鼻を真似して嬉しさ表現する親子

4.マスコットネーミング募集

ナイスポークでは、新たな着ぐるみ作成の準備を進めている。

すでにデッサンが決まっている事から、色々の機会 を捉えて着ぐるみの「名前」を 募集する事となった。アンケート用紙を配付し来場にお願いをした。採用された方には豚肉をプレゼントと表示した。

20191104037.jpg

かわいい名前が好いね・・・?

5.沖縄首里城焼失に対し復興支援募金実施

10月31日午前2時40分ごろ、那覇市の出火し、正殿・南殿・番所が全焼したほか4棟に燃え広がり計約4200平方メートルが焼け約11時間後に鎮火した。

首里城は450年にわたる琉球王国(1429~1879)の居城であった。沖縄最大規模の城郭で、戦前は正殿など国宝に指定されたが、1945年、太平洋戦争の末期の沖縄戦で徹底的に破壊された。

戦後、58年に守礼門が復元され、86年には国が国営公園整備事業として首里城の復元を決定。

92年に正殿などが完成、2000年には城跡が「琉球王国のグスク(城)及び関連遺産群」として、他の史跡とともに世界遺産に登録された。整備事業はその後も続き、約30年かけて全容をほぼ取り戻したところだった。

昨年までは、熊本地震で大きな被害が出た「熊本城復興支援」として募金活動を実施してきたが、今回急遽このニュースを受け募金活動を実施した。

 

20191104015.jpg

募金をお願いする看板

好天に恵まれ主催者発表によると来場者は80,000人と昨年を上回るの来場者数が発表された。

出展者は昨年とほぼ同じで、約90業者。

特に飲食が多く本来の地場食材を使用した販売であればよいのであるが、その中身は定かではない。本来の目的である「千葉県及び千葉市の地場生産品を広く市内外にプロモーションするとともに、千葉市中央地区における賑わいの創出と会場来場者へのサービスを目的に実施する」とある。

出展ブース料金が高いこと。詳細は判らないが、出展者の儲け第一が感じられ、来場者へのサービスが欠けているのではないかと多少心配である。

 

★   ジュニア・アンケート結果の一部(回答者 99名)

≪設問1≫あなたは千葉県が全国第3位の豚肉(ポーク)の生産県であること  

ア.知っていた

イ.初めて知った

ウ.驚いた

19  (19.1%)

61 (61.6%)

19名 (19.1%)

≪設問2≫あなたは豚肉(ポーク)がきですか  

ア.すごく好き

イ. 好 き

ウ.それほどでもない

エ.きらい

51名

(51.5%)

38名(38.3%)

10名 (10.1%)

0名

( %)

 

2019114003.jpg

参加スタッフによる記念撮影

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 



ナイスポークチバ推進協議会
〒260-0021
千葉県千葉市
千葉市中央区新宿1-2-3
K&T千葉ビル3階
電話 :043(241)3851
FAX :043(238)1255